元から美形すぎ!“整形説”を一蹴する女性芸能人たちの「お宝写真」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

美人女優やイケメン俳優などは、必ず世間から「整形疑惑」が向けられる。しかし、それらのウワサを一蹴するのが、子どものころの写真だ。それこそ幼少期の天使のような画像を公開し、世間を驚かせた芸能人が多くいる。

2017年度下半期のNHK連続テレビ小説『わろてんか』でヒロインを務めた女優の葵わかなは、今年5月に10歳当時の写真をインスタグラムに投稿。葵は10歳のときに原宿でスカウトされて芸能界入りしており、写真はまさにそのときのもの。

10歳とは思えない完成されたルックスに、ファンからは「当時から美少女だったんですね」「これは参った」「もう、顔出来上がってるねー」「絶対整形やないわー絶対してないとは思ってたが、ここまでの絶世の美女だとは」と絶賛の声が寄せられた。

ちなみに葵は、初めて原宿へ行ったときに、いきなり7社からスカウトされたという。

Instagram Photo

 

整形説のある女優は…

続いては女優の夏菜。彼女はネット上でよく整形説が浮上するが、紛れもなく“天然”だ。今年9月に2人の兄弟とともに写る10歳のころの写真を投稿。目鼻立ちがハッキリしており、既に“美人オーラ”が凄まじい。

夏菜は「やっぱりインドかどっかのハーフだと思うの」「地黒女子」などと自虐しているが、ネット上では「すげー美少女だねぇ」「子供のころと全然顔変わってないですね」「やっぱり小さいころからかわいくて美人さんなんですね」と称賛の声が続出することに。

Instagram Photo

最後はモデルの木下優樹菜。17年3月に、自身のインスタに5歳のころの写真を投稿。まだギャルになる前の清楚な木下の姿に、ファンから「子供のころから鼻筋が通ってる、、うらやましー」「清楚系女子ですね」「きれいな人は小さいときから美人ですね」などと驚きの声が上がった。

Instagram Photo

中には“劣化”や“進化”と評される芸能人もいるが、子どものころからの“変化”を楽しませるのもエンターテインメントの要素といえるだろう。