冬型の気圧配置継続

©株式会社ウェザーマップ

西高東低の冬型の気圧配置が続くため、10日も山陰から北の日本海側を中心に雪や雨が続く見込みです。午後は降り方の弱まる所も出てきますが、北陸や北日本では雪が続く所が多くなりそうです。ふぶきによる交通障害や高波などにも注意してください。一方、西~東日本の太平洋側では晴れる所が多くなる見込みです。南西諸島では10日も雨が続く予想となっています。また、北東からの風が強く吹くため高波にも注意してください。

気温は10日も全国的に平年より低く、真冬並みの所が多いでしょう。最高気温は西日本では9日よりも高くなりますが、東~北日本では9日と同じぐらいの気温となりそうです。

気象予報士・原田 雅成

画像について:10日午前9時の予想天気図。