グライダー離陸失敗で重傷、埼玉

1人乗り

©一般社団法人共同通信社

 9日午後3時10分ごろ、埼玉県熊谷市の「妻沼滑空場」で、離陸に失敗したグライダーが地面に接触し、乗っていた1人が腰椎骨折の重傷を負った。国土交通省は航空事故と認定し、運輸安全委員会は航空事故調査官3人を10日に現地へ派遣することを決めた。

 国交省によると、グライダーには1人が乗っており、機体の機首が損傷したという。