中条あやみ『コワ過ぎる!』迫真の喧嘩ドッキリに視聴者「見ててつらい…」

©株式会社日本ジャーナル出版

中条あやみ 

(C)まいじつ

12月6日に放送された『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)に、モデル兼女優の中条あやみが出演。仕掛け人としてドッキリに参加し、リアルな演技で視聴者を驚愕させた。

今回、中条はタレントのDAIGOとともに、ラジオの生放送でケンカを始めるというドッキリに挑戦。普段は怒らない平和主義だという性格を封印し、お笑いトリオ『ジャングルポケット』の斉藤慎二と小倉優子をターゲットにキレる演技を披露していった。

ドッキリ本番、中条は打ち合わせの段階からピリついたムードを醸し出し、さっそく異様な雰囲気を作っていく。DAIGOの会話中には机をコツコツと鳴らし、役作りで練習しているという口笛を吹き始めるなど、あからさまに不機嫌な態度をとっていた。

 

見ていて怖くなるほどの演技力

ニセ番組の本番中では、中条はDAIGOのトーク中に口笛を吹き、異性のファッションについて「男でグローブはめてる人がすっごい無理」と答えるなど、DAIGOに対して悪態を連発。次第にヒートアップした2人は口論を始め、ついにスタジオを飛び出してしまうのだった。

取り残された小倉と斉藤は顔面蒼白となり、もはやまともに番組が進行できなくなったところでネタバラシ。すると斉藤は「普段から怒りそうな人をキャスティングしてくれないかな」「こっちもびっくりしちゃう」とあまりのリアルさに目を丸くし、仕掛け人のDAIGOも「俺マジで怒られてるかもと思って…」と中条の演技力に舌を巻いた。

視聴者からも、

《迫真の演技過ぎて見ててつらい》
《ドッキリだって分かっててもリアルで怖かった!》
《中条ちゃんにこんな仕事させないで!(笑) 本気で引いちゃう人いるから》
《役が上手過ぎてイメージダウンになってる(笑)》
《リアル過ぎて直視できなかった…》

などといった感想が続出。持ち前の演技力は、ドッキリだと分かっている視聴者さえ驚かせてしまったようだ。