「西郷どん」鈴木亮平、大河主演を「またやりたい」! 演じたい歴史上人物は...

©株式会社ジェイ・キャスト

大河ドラマ「西郷(せご)どん」の最終回(2018年12月16日放送)目前ということで、きょう10日のあさイチは主役の西郷隆盛を演じる俳優・鈴木亮平さんのスペシャルトークを放送した。

共演者からは、鈴木さんに関する様々な裏話が寄せられた。島津久光役を演じた青木崇高さんから「打ち上げで『もう一回大河主演のオファーが来たらどうする?』と聞かれ、『やりたい!』と言っていた。クレイジーだなぁと思ったよ」とのタレコミが。

「一回主演しただけで経験した気になれない」

博多大吉キャスター「あまりにも大変で、プレッシャーもすごいし、一回やったらもういいかなという方が多いと伺ったことはあります」

鈴木さん「こんなに俳優として幸せな現場はないと思いますし、(島津斉彬役の)渡辺謙さんは(独眼竜政宗と炎立つで)2回主演をやられていて、(ナレーション・西郷菊次郎役の)西田敏行さんに至っては(山河燃ゆ・翔ぶが如く・八代将軍吉宗・葵 徳川三代で)4回やられているので、1回やっただけで経験した気になっちゃいけないんじゃないかって思いもあります」

誰の役を演じたいか聞かれると、「やっぱり織田信長って人物には惹かれますね」と回答。「鬼のようなイメージがありますが、実はものすごく頭がいい人だった気もするので、人間・織田信長を、大河ドラマじゃなくてもどこかの機会で演じられたらいいなとずっと思っています。彼の精神力や物の考え方、天下を取るという覚悟がすごく興味深いです」

2020年の大河ドラマは、明智光秀が主役の「麒麟がくる」(主演:長谷川博己さん)に決定している。鈴木さんは「オファーいただけたら」と笑顔を見せた。

ピコ花子