役者として本領発揮のKAT-TUN・上田竜也

©株式会社ジェイプレス社

KAT-TUNの上田竜也は現在、来年1月から放送予定の日本テレビのシンドラ「節約ロック」の撮影中だ。

SNSでは、このドラマの発表前に他番組撮影中のKAT-TUNの目撃情報があがっていた。

「あれ、上田くん金髪から黒髪になっている?」「これは何かあるのか?ドラマ? 舞台?」と、ここ数年は黒髪ではなかったので、「黒髪にしたということは何かあるだろう」と盛り上がっていた。

そして、ドラマの発表があり、SNSでは「やっぱり!何かあるとおもっていたけど、ドラマなのね」「ドラマの主役。しかも、主題歌はKAT-TUNじゃないの~」「そして、事務所の後輩と共演するなんて!」とさらに盛り上がっていた。

上田は昨年、テレビ東京の「新宿セブン」でドラマの初主演を務めた。しかし、グループは充電期間中だったため、グループとしての楽曲が主題歌ではなく、上田のソロ曲が主題歌だった。今回、上田の主演で、KAT-TUNの主題歌というのは、ファンにとってたまらないだろう。

ジャニーズ事情通は「上田君の演技力には定評があり、型にはまらないところが好評です。事務所の先輩V6岡田准一主演の『永遠の0』に出演し、初めは反発しながらも徐々に小隊長と心を通わせてゆく特攻隊員の心の動きをみごとに演じました。舞台では蜷川幸雄さんの作品にKAT-TUNメンバーの中では初参加。Bunkamura25周年記念公演第1弾『冬眠する熊に添い寝してごらん』で主演。ベテランの俳優でも演じることが難しいのではと演劇ファンが思うほどの難しい役を演じきりましたね」と指摘する。

映画、舞台で実力を磨いてきた上田がドラマでその実力を視聴者に見せ付けることになる。

「今でこそ、嵐の相葉雅紀君がドラマで主演を務めるのは当たり前ですが、主役を務めたのは、グループで最後でデビューから10年後です。上田君もデビュー11年目で初主演、今回で2度目。これから、ドラマ出演する機会がますます増えるのではないでしょうか?」と同事情通。

2019年は役者・上田竜也の本領発揮、飛躍の年になりそうだ。(二浦誠)

*画像参照 【公式】節約ロックインスタグラム setsuyaku_ntv