無所属の会、大半は立民会派へ

岡田氏らが個別合流、会は解散

©一般社団法人共同通信社

総会後に記者団に説明する岡田克也氏=10日午後、国会

 立憲民主党との統一会派結成を模索していた衆院会派「無所属の会」は10日午後、総会を国会内で開き、所属議員13人が個別に立民会派入りを目指す方針を決定した。会派全体での合流は断念した。同会は解散し、岡田克也代表ら大半が立民会派入りする見通しだ。

 総会後、岡田氏は「野党第1党の立民と会派を同じくするという方向性を確認した。(個別に立民会派に入るかどうかは)一人一人の判断となる」と記者団に説明した。希望者は今年中にも立民会派入りの手続きを行う。

 無所属の会は、会派全体で立民合流を目指していたが、立民は「政策の一致」を条件に個別議員ごとの会派入りを主張していた。