枝野氏、麻生副総理を批判

「はめられた」発言巡り

©一般社団法人共同通信社

 立憲民主党の枝野幸男代表は10日の党会合で、麻生太郎副総理兼財務相が9日、参院本会議で野党議員に暴言を吐いた自民党の大家敏志議員を「はめられた」と擁護したとも取れる発言をしたことを批判した。「事実関係を確認し、厳しく対応したい」と述べた。

 大家氏は7日の参院本会議で、自由党議員の演説が制限時間を超えたことを理由に立民の白真勲議員に暴言を吐くなどし、立民側は「小突かれた」と反発。大家氏は謝罪し、7日付で議運委の理事と委員を辞任した。

 麻生氏は9日、「あれで暴力と言われたら、とてもじゃない。この種の話で、はめられたりする話はしょっちゅうだ」と発言していた。