唐沢寿明が常盤貴子と初の夫婦役。「グッドワイフ」で“疑惑”のエリート検事に挑む

©株式会社東京ニュース通信社

TBS系で2019年1月期放送の連続ドラマ「グッドワイフ」(日曜午後9:00)に、唐沢寿明が出演することが決まった。主婦から弁護士に復帰する主人公・蓮見杏子(常盤貴子)の夫で、スキャンダルで逮捕されてしまう元東京地検特捜部長・蓮見壮一郎役を演じる。唐沢は「常盤さんは映画で共演したこともあり、ほかにも何名か共演したことのある俳優さんがいらっしゃるので楽しみです」と実力派俳優が顔をそろえた今作への出演の喜びを語っている。唐沢と常盤は映画「20世紀少年<最終章>ぼくらの旗」(09年)以来の共演で、夫婦役を演じるのは今回が初めてとなる。

ドラマは、出産を機に弁護士を辞めて専業主婦となっていた杏子が、東京地検特捜部長の夫が汚職容疑で逮捕されたことで16年ぶりに弁護士に復帰するストーリー。原作はアメリカで09年から7年間放送された人気テレビドラマシリーズ「The Good Wife」で、韓国などでリメークされている。

壮一郎は次期検事総長を期待されていたエリートで、汚職容疑で逮捕され、壮一郎の失脚で新たな特捜部長に就任したライバルの脇坂博道(吉田鋼太郎)、元部下で腹心だった佐々木達也(滝藤賢一)から取り調べで追い詰められる役どころ。汚職のほかにも女性スキャンダルが明らかとなり、杏子の人生を大きく狂わせるほか、かたくなに容疑を否認するなど深い思惑も感じさせ、スリリングな展開の物語の鍵となる。

唐沢は「この作品の原作を見た時、本当に面白くて、これを日本に置き換えたらどうなるんだろうと思っていました。家族を支えるために16年ぶりに弁護士復帰する杏子の奮闘と、次々に真相が明らかになっていく壮一郎の事件。毎回、目の離せないストーリーになっておりますので、ぜひご期待ください」と見どころを訴えている。