【残念…】2018年にキャンセルされたNetflixのドラマシリーズ7選 マーベル3作品など

© 株式会社AXNジャパン

配信サービスのなかで、群を抜いてオリジナルコンテンツ作品が多いことで知られるNetflix。ところが最近、Netflixによるドラマシリーズのキャンセルぶりが激しいと話題になっています。そこで今回は、2018年にどんなNetflixのオリジナルシリーズが打ち切りになったのか、7作品を紹介することにします。

『アイアン・フィスト』

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMTU4MzU1NzY4OF5BMl5BanBnXkFtZTgwMDczODU1NjM@.V1SX1500CR0,0,1500,999AL_.jpg

Netflixが立ち上げた、マーベルコミックスのシリーズ第4弾として製作された『アイアン・フィスト』。

本作の主人公は飛行機事故で行方不明になり、アジアの秘境クン・ルンで僧侶に救われたダニー・ランド。クン・ルンで武術を修得し、全てを打ち砕く特殊な拳(こぶし)“アイアン・フィスト”を手に入れがダニーが15年ぶりに故郷ニューヨークへ戻り、悪の組織に立ち向かう…という内容です。

Netflixのマーベルシリーズの中では一番評価が低かったものの、同配信サービスで最もイッキ見されたシリーズに。

シーズン2でシーズン1の汚名返上となるか注目されていましたが、どうやら視聴率を伸ばせなかったようで、マーベルシリーズで一番最初に打ち切られた作品となってしまいました…。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMjI5Mjg1NDcyOV5BMl5BanBnXkFtZTgwMjAxOTQ5MTI@.V1SY1000CR0,0,674,1000AL_.jpg

『ルーク・ケイジ』

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMjAxOTM3NjEwMV5BMl5BanBnXkFtZTgwNTkyOTY4NTM@.V1SY1000CR0,0,675,1000AL_.jpg

『ルーク・ケイジ』は、マーベルシリーズ第3弾として『ジェシカ・ジョーンズ』に続いて製作された作品。

刑務所での実験で、銃弾をも通さぬ屈強な肌を手に入れたルーク・ケイジが、ハーレムを牛耳る悪徳政治家やギャングと戦う姿が描かれるシリーズ。

キャストのほとんどが黒人俳優で占められ、独特の黒人文化で彩られた本シリーズは多様性に溢れ、筆者のお気に入りのシリーズのひとつだっただけに打ち切りが決定して残念です…。

『デアデビル』

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BNzIwYjZlMGItZTc3Ny00ODdiLWIyNjUtNjU4N2Y3NGNiNmQxXkEyXkFqcGdeQXVyNTM3MDMyMDQ@.V1.jpg

マーベルシリーズ第1弾として製作された『デアデビル』は、特にシーズン1が高い評価を得た作品。

子供の頃に視力を失った主人公マット・マードックが、昼は弁護士&夜は闇のスーパーヒーロー、デアデビルとして、ヘルズキッチンの平和を守るために悪と対峙していくアクションシリーズです。

超ダークなトーンで描かれる本作は映画『ダークナイト』に共通するものがあり、個人的にNetflixのマーベルシリーズで一番好きな作品でした。

一気にマーベル作品3本が打ち切られ、後は『ジェシカ・ジョーンズ』と『パニッシャー』のみが生き残っています。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BODcwOTg2MDE3NF5BMl5BanBnXkFtZTgwNTUyNTY1NjM@.V1SY1000CR0,0,675,1000AL_.jpg

『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMjA3MTE5ODM3M15BMl5BanBnXkFtZTgwNTIyMjQ5NTM@.V1SY1000CR0,0,674,1000AL_.jpg

原作を下敷きにドラマ化された女囚コメディ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』は、刑務所にお勤めすることになった主人公パイパーが獄中で経験する出来事や友情が、ユーモアたっぷりに描かれて大ヒットした作品。

今年10月、本シリーズがシーズン7でファイナルを迎えることが発表されましたが、まだまだ人気が続いている時に有終の美を飾るのがベストではないでしょうか。

『アンブレイカブル・キミー・シュミット』

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMjI1Mzg0MzY1MF5BMl5BanBnXkFtZTgwMjcxNjg0ODE@.V1.jpg

カルト教団のリーダーによって、15年間も地下に幽閉されていたキミー・シュミットが心機一転を図るためにニューヨークへ移り住み、右も左も分からない彼女の新生活が描かれるドタバタコメディ。

本シリーズは、人気コメディ『30 ROCK/サーティー・ロック』でクリエイター&出演を務めたコメディエンヌ、ティナ・フェイが手掛けたシリーズ。

もともと米放送局で放送されるだったはずがキャンセルとなり、Netflixに救われてシリーズ化が決定。その経緯を思えば、シーズン4まで続いたのだから結果オーライだと言えそうです。

現在シーズン4の前半までリリースされていて、2019年1月25日より後半エピソードが配信開始予定。

『THE GOOD COP/グッド・コップ』

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BNzU1ZTIzMTUtMzE1Ny00YmM2LWIyMDctZWIzM2ViNDFlOGNhXkEyXkFqcGdeQXVyMTMxODk2OTU@.V1SY1000CR0,0,675,1000AL_.jpg

『THE GOOD COP/グッド・コップ』は、手に負えないことで有名なニューヨーク市警察の元警官トニー・シニアが超堅物警官として知られる息子トニー・ジュニアと組み、そんな凸凹親子コンビが難事件を解決していくコメディシリーズ。

トニー・シニアに扮するのは、日本では知名度が低いものの、アメリカでは自身の名を冠した番組『『The Tony Danza Show』などで活躍した往年の人気俳優トニー・ダンザ。そして、息子シニア役を俳優としても活動する人気歌手ジョシュ・グローバンが演じ、なかなかユニークなキャスティングが注目を集めていましたが、あえなくシーズン1で打ち切られてしまいました…。

『LOVE ラブ』

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BYzgwMWI4ZGMtOGYyMi00ZmYyLWE0MzUtYmU5MjE1NDQ5MDhmXkEyXkFqcGdeQXVyNjEwNTM2Mzc@.V1SY1000CR0,0,675,1000AL_.jpg

『LOVE ラブ』は、Netflixのオリジナル・ドラマシリーズで数少ない恋愛をテーマにした作品。

ロサンゼルスのラジオ局に勤めるミッキーとオタク青年ガスがコンビニで出会い、正反対な2人が惹かれ合って恋に落ちていく過程がリアルに描かれるロマコメシリーズ。

本シリーズはシーズン3が製作されるのか危ぶまれていたのですが、なんとか更新されることに。しかし、ギリギリで更新が決定しただけに、やはり勢いをなくしたのかシーズン3でキャンセルが決定してしまいました。