大宮、新監督に高木氏「第一目標はJ1昇格」 長崎を初のJ1昇格へ導いた手腕に期待

©株式会社埼玉新聞社

 大宮は9日、来季からトップチームの監督に高木琢也氏(51)が就任すると発表した。

 現役時代に“アジアの大砲”と評され、日本代表FWとして活躍した高木氏は引退後、横浜FC、東京V、熊本の監督などを経て、2013年から18年までは長崎を指揮。17年に長崎をクラブ史上初のJ1昇格へ導いた手腕に期待が懸かる。

 高木監督はクラブを通じ、「私が掲げる第一の目標はJ1昇格です。選手一人一人がアグレッシブな戦いができるよう、これまでのJクラブ監督の経験を注ぎ込みます。そして大宮アルディージャに関わる全ての人たちと共に、目標に向かって尽力します」とコメントした。