古河電工の伯子会社、メキシコ通信大手向け光ケーブル8000キロ受注

©株式会社鉄鋼新聞社

 古河電工は10日ブラジルの通信ケーブル子会社フルカワ・エレクトリック・ラタン(FEL)がメキシコで光ケーブル8千キロメートルや関連製品・サービスを受注したと発表した。発注先は同国通信大手のイジー・テレコム社で受注額は数十億円規模。製品供給に加え敷設や設計に関するトレーニングを含めた総合的な支援体制が評価された。

 受注は住宅内に光回線を引き込むFTTH(ファイバー・トゥー・ザ・ホーム)に関するもので、契約期間は2年間。イジー・テレコム社では同国東北部のヌエボ・レオン州周辺で、最大160万人が加入する通信ネットワークを構築するプロジェクトを展開する。FELではコネクタ付光ケーブルを適用することで融着接続作業を省き、迅速な通信ネットワークの構築に貢献。さらにネットワークの拡大に合わせて追加敷設が可能なシステムとした。