トヨタ自動車 アフリカ大陸走破レポート【最終回】|遂にアフリカ走破!これからがスタート、もっといいクルマづくりを求めて

©オートックワン株式会社

トヨタ自動車 アフリカ大陸走破レポート【パート7】

トヨタ、もっといいクルマづくりのため、アフリカ走破を実施

トヨタ自動車 アフリカ大陸走破レポート【パート7】

2018年8月9日、トヨタは5大陸走破プロジェクトとして、面積・人口共に世界第2位のアフリカ大陸を走破することを発表した。

アフリカ特有の文化や風土、過酷な車の使用実態を感じることで、もっとお客様のニーズを知り、将来のアフリカでの車の在り方を考える事をテーマに走る。

2014年豪州、2015・2016年米州、2017年欧州につづき、今回で4大陸目となる大型プロジェクトだ。

今回は、トヨタ自動車以外にスズキ、日野自動車、トヨタ車体から混成80名のメンバーに結成。メンバー達は、事前の打ち合わせやTSAM(Toyota South Africa Motors)での事前走行テストなどを重ね現地入りした。

そして後半組は遂にゴール。

2018年8月29日~同年11月1日までの約2ヶ月間、約1万5000kmに及んだ、アフリカ走破プロジェクトを完遂した。

最終回はポート・エリザベス~ダーバンを走行!

トヨタ自動車 アフリカ大陸走破レポート【パート7】

スタートから約1か月半、タンザニア、ザンビア、ジンバブエ、ボツワナ、南アフリカと前半の工程を終え、前半組から後半組へとたすきが渡された。

ナミビア~南アフリカまでの約2242kmを乗り越えた後半組は南アフリカにあるポート・エリザベスからグラーフ・ライネの山間部をひたすら進んだ。そして山道の次はキンバリーの延々と続いた未舗装路を超え、南アフリカの内陸国、レソト王国へ突入。

その後はアフリスキーの山間部、そして国境サニパスの危険すぎる道を乗り超え、遂にゴール地であるダーバンへ到着した。

ダカール・ラリー仕様のハイラックスに同乗!迫力満点のラリーコースを体験

トヨタ自動車 アフリカ大陸走破レポート【パート7】
トヨタ自動車 アフリカ大陸走破レポート【パート7】
トヨタ自動車 アフリカ大陸走破レポート【パート7】

ポート・エリザベスからグラーフ・ライネ、キンバリーを超え、後半組はブルームフォンテーンへ到着した。するとここでTSAMのイベントとしてまさかの、ダカール・ラリーに実際に参戦したレース仕様のハイラックスの同乗体験が出来ることに。後半組はブルームフォンテーン郊外へ胸を高鳴らせながら向かった。

到着後そこに待っていたのは、まさにラリーの世界。大迫力のV8サウンドを唸らしながら猛スピードで砂漠を駆け抜け、時にジャンプして宙を浮くような体験も。ジャンプ後の着地でもブレることなく、確実にトラクションを伝える姿はまさにレース車両。

また車両を観察してみると、片輪にアブソーバーやコイルが2個装着されていたり、ブレーキディスクやアブソーバーに冷却用と思われる送風ダクトが付いていたりと、普段目にする乗用車とはかなり違っていたのも興味深い。

参加メンバーは、ラリーカー同乗の感想として「クルマに乗り始めた時の感動や気持ちが蘇った」と純粋な気持ちを語った。

標高3000mを超える地、アフリスキー

トヨタ自動車 アフリカ大陸走破レポート【パート7】

その後は南アフリカ共和国の内陸国・レソト王国内のアフリスキーへ突入。ここでは主にアップダウン、カーブが多く、加減速を繰り返すストレスの負荷が大きい運転を強いられることも。

このエリアは雪や雨が多く、ポットホールやアスファルトが崩れている箇所が散在する。さらに強風や、濃霧で視界が霞んでいる中での運転も。後半組は決して日本では経験できないような過酷な道のりを越えた。

命懸けの道を超えて

トヨタ自動車 アフリカ大陸走破レポート【パート7】
トヨタ自動車 アフリカ大陸走破レポート【パート7】

後半組は遂にレソト王国の国境、サニパスへ途中した。最終ステージだといわんばかりの、これまでの道中でも最難関級の過酷な道である。

予定では9kmの距離を90分かけて走ると見込んでおり、その数字だけでも道の過酷さは容易に想像できるだろう。山に雲が当たる濃霧の中を進む。もちろんガードレールは一切ない。少し運転をミスすれば一巻の終わりである。

後半組はまさに命懸けな道のりを、終始神経を張り巡らせながらサニパスを乗り越えた。

遂にアフリカ走破!大きな歓声に包まれて

トヨタ自動車 アフリカ大陸走破レポート【パート7】
トヨタ自動車 アフリカ大陸走破レポート【パート7】

翌朝、小雨の中をダーバンへと向かう。後半組の乗ったクルマがTSAM(Toyota South Africa Motors)に入ると、大きな歓声が沸きあがった。ついにアフリカ走破の幕が下りたのだ。

参加メンバー「これからがスタート」

後半組のメンバーは「無事にゴールしたが、今がスタートなんだと思う」と語った。

アフリカで走った道は、メンバー全ての記憶に残るだろう。そして、それぞれの想いを現場に持ち帰り、このアフリカという地で経験した知識がクルマづくりにつながっていく。

アフリカ走破は終わったが、5大陸走破は続く。2019年はアジアの道を走る。トヨタは走り続ける。「もっといいクルマづくり」を求めて。

5大陸走破2018 in AFRICA 概要

・時期:8月29日~11月初旬にかけて走破予定

・走破国:東アフリカと南部アフリカ(タンザニア、ジンバブエ、ザンビア、ボツワナ、ナミビア、レソト、南アフリカ)の7か国に加え、現地ディストリビューター主体のチームが他地域も予定

・距離:約15000km(予定)

・走破路:一般生活道路に加え、未舗装路、高地山岳路、サファリ、砂漠などアフリカ特有の道

・走破車両:ランドクルーザー、ハイラックス、フォーチュナーなど4×4車両を中心に構成

・参加メンバー構成:トヨタ、スズキ、日野自動車、トヨタ車体の従業員からなる混成チームを編成

アフリカ横断ツアー ダイジェスト映像