パイロット飲酒問題再び立ち入り

日航と全日空に国交省

©一般社団法人共同通信社

 パイロットの飲酒問題で、国土交通省は11日、日航と全日空に対し、2度目の立ち入り検査を始めた。羽田空港の事務所が対象で、12日までの予定。11月の立ち入り検査で、乗務前のアルコール検査を実施していなかったり、検査記録が保存されていなかったりしたケースがあったことが発覚し、詳しい事実関係を確認するのが目的という。

 両社によると、検査していなかったケースは、日航では昨夏以降に100~200件程度、全日空では昨年11月~今年10月に393件あった。出発まで時間がなかったことなどが原因で、不正行為はなかったとしている。