『ZIP!』終了!? 視聴率低迷『MOCO’Sキッチン』休止の末期状態

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

速水もこみち

(C)まいじつ

日本テレビ系の朝の情報番組『ZIP!』に対し、視聴者から不満の声が続々と上がっている。かつては時間帯視聴率トップの常連だった人気番組に、一体何が起きているのか。

12月10日、同番組はこの日から始まった新企画『生田家の朝』という番組内ミニドラマを放送。同ドラマは日本テレビ開局65周年を記念したプロジェクトで、企画・プロデュースを歌手の福山雅治が担当するという熱の入れようだ。

そして、このドラマに押し出される形となったのが、俳優の速水もこみちが担当する料理コーナー『MOCO’Sキッチン』。同コーナーは2011年4月の番組開始以来人気を博してきたが、全13話のドラマ放送期間は休止されることが濃厚となっている。

 

もはやヤブレカブレ!?

人気コーナーの休止という事態に、ネット上では、

《朝からドラマやってるけど必要? モコズキッチンが見たいんだけど》
《生田家の朝は期間限定だから、お休みしてるだけだよね?》
《毎日楽しみに見てたんだけどなー…》

などと悲しみの声が続出。しかし、同コーナーは今年10月から始まった『もてなしMOCO』という新企画が不評を買っているさなかでもあり、

《ついにドラマに枠取られたか。最近つまんなかったしもう終わっていいよ》
《もてなしモコとかいう謎のリニューアルがつまらないから当然》
《もてなしモコが戻ってくるくらいなら打ち切った方がマシ》

などといった厳しい反応も目立っている。

ファンにとっては残念な出来事だが、テレビ番組である以上、人気コーナーといえど改変や終了は付き物。しかし、現在の『ZIP!』が置かれた状況を踏まえると、これ以上の改悪は“打ち切り”にもつながりかねないという。

「日テレは今年10月の月間全日視聴率でテレビ朝日に首位を明け渡し、実に5年近く続けてきた“視聴率3冠”の座から陥落。さらに、同局の大久保好男社長は定例会見で『平日の午前午後の帯番組が苦戦している』と発言し、暗に『ZIP!』が不調であることをニオわせています。にもかかわらず、テコ入れとしてやったことが人気コーナーの改悪なのですから、もはやヤブレカブレの“末期”状態。このまま視聴率が上がらなければ『ZIP!』の打ち切りは確定的。日テレには既に、新しい朝の番組の企画が各所から持ち込まれているみたいですよ」(制作会社関係者)

来年は日テレが大改革に乗り出すかもしれない。