米大統領「利上げは間違い」

対日追加関税にも言及

©一般社団法人共同通信社

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は11日、米連邦準備制度理事会(FRB)が来週の会合で利上げするのは間違っているとの考えを示した。ロイター通信のインタビューで語った。トランプ氏は中国との「貿易戦争」での勝利に金融面の支援が必要だと強調、今後の日米貿易協議でも、交渉の中身次第では日本の自動車に追加関税を課す可能性があるとあらためて指摘した。

 トランプ氏は利上げは「ばかげていると思うが、何が言えるだろうか」と発言。「貿易で戦っており、金融緩和が必要だ」と述べた。FRBは18、19日に次回会合を開く予定で、市場では3カ月ぶりの利上げを見込んでいる。