初詣の準備は夏からスタート! お正月、神社は何をしているの?

©株式会社J-WAVE

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「BEHIND THE SCENE」。この週は4日に渡り、私たちの年末年始を支える仕事の裏側に注目しています。12月12日(水)のオンエアでは、「神主の裏側」をテーマに、神田明神の神主・岸川雅範さんにお話を伺いました。

■三が日は30万人以上もの参拝客が!

神田明神では、通常の月の参拝客が1万人程度なのに対し、三が日は30万人以上も初詣客が訪れます。初詣の準備は夏から進めます。全国の神社がお守りなどの準備を一斉に始めると混み合うため、夏から徐々に始めないと間に合わないのだそうです。

岸川:お守りやお札の他、縁起物の熊手などの準備をします。お正月はかなり規模が大きくなりますので、いろいろな部署に分かれて準備をしています。仕事始めということで会社の参拝が非常に多いので、ご祈祷の準備もします。
サッシャ:神主さんの労働時間は決まっているものなんですか?
岸川:神田明神の場合は、基本的には9時から17時です。ただ、お正月はみんなチームみたいになってやりますんで、時間は関係なく「みんなで頑張ろう!」という感じです。正直、間に合わないことが多々ありますので、(初詣が)始まっても準備をしつつやっています。
寺岡:31日の夜から1日の朝にかけては、どういうお仕事をされているんですか?
岸川:皆さんご祈祷をしたあとにお神酒を頂いたりしますよね。そのあとにお守りとか、木札という祈願内容と名前を書いてお祓いをしたものや、お供物という神様のお下がりの食べ物、お酒などを差し上げる場所に私はいます。通常だと1つの部屋で解決するんですけど、30万人だとかなり数が多いので、「撤下所(てっかじょ)」と呼ばれる別の部屋を用意して、私はそちらを担当しています。

神田明神の神主・岸川雅範さん

■神馬のあかりちゃんには会える?

神馬のあかりちゃん

神田明神といえば、神馬のあかりちゃんが、SNSなどで「会えばさらに運気があがる」と話題になっています。初詣ではあかりちゃんに会うことはできるのでしょうか?

岸川:ここ数年、地域のボランティアの方が散歩をしてくれているんです。ですので、すみませんが僕らも把握していないんです……。
サッシャ:日頃、神田明神にはいないんですか?
岸川:散歩している場合も、神田明神の外でお願いしています。ですので、「あかりちゃんはどこにいますか?」と訊かれても「ちょっと分からないです」と……。申し訳ないです。

あらためて神田明神の年始の予定を訊くと、「新年の初詣、初祈祷、厄除けなんかも年初めにする方が多いです。そのあと7日に、仕事始めの企業の参拝があります。7日くらいまでは屋台も出る予定です」と岸川さん。

12月15日(土)には、境内に文化交流館が開館します。神田明神のお土産ものが買えたり、カフェもあります。2階には神田明神ホールがあり、雅楽の演奏や能など江戸文化のイベントの他、プロレスやライブなども開催されるそうです。

「神社は伝統的な文化のイメージがあるんですけど、新しい色々な文化を受け入れる場所でもあります。お参りされる方は今の人達で、色んな想いをもって来ると思うので、新しい文化も受け入れていこうという考えです」と話しました。

次回13日(木)の「BEHIND THE SCENE」は、イルミネーションのお仕事にフォーカスします。ぜひチェックしてみてください。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

【関連タグ】
STEP ONE   サッシャ   仕事   寺岡歩美