さよなら、マッチョカンガルー

SNSで人気の「ロジャー」永眠

©一般社団法人共同通信社

関かおり

共同通信

関かおり

共同通信

2013年入社。名古屋支社、静岡支局、浜松分室を経て47ニュース編集部に。将来の夢は忍者。

関かおりの記事一覧を見る
SNSで人気を集めたロジャー(保護施設The Kangaroo Sanctuary Alice Springsの公式フェイスブックより)

 SNSで「マッチョすぎるカンガルー」として人気を集めたオーストラリアの保護施設のカンガルー「ロジャー」が死んだ。12歳だった。

 施設が8日に「さようなら、愛しいロジャー」との文章と動画をフェイスブックで発表した。死因は老衰だという。

 ロジャーはムキムキの体つきが特徴。金属製のバケツをつぶす写真がSNSで話題となり、世界中で人気を集めた。日本でも「マッチョすぎるカンガルーのロジャー君」としてツイッターなどを中心に画像が拡散。がっしりした腕でウサギのぬいぐるみを抱きかかえる画像も話題となった。ロジャーの永眠を伝える動画は約37万回再生され、世界中から2500件ほどの追悼のコメントが寄せられている。

 海外メディアの報道によると、ロジャーは生まれて間もなく施設に保護され、身長約2メートル、体重89キロほどにまで成長したが、晩年は関節炎や視力低下に悩まされていた。保護施設に埋葬されたという。 (共同通信=関かおり)