【今年の漢字】の10年 世相を示す揮毫

今年の「災」 昨年の「北」 2011年は「絆」…

©一般社団法人共同通信社

京都・清水寺で発表された、世相を1字で表す2018年の漢字「災」、2017年の漢字「北」

 2018年の世相を1字で表す「今年の漢字」が「災」に決定。日本漢字能力検定協会が12月12日、京都市東山区の清水寺で発表した。森清範貫主が越前和紙に特大の筆で揮毫した。「災」が選ばれるのは、04年に続いて2度目。応募総数は19万3214票で、「災」は2万858票。北海道の地震や西日本豪雨など自然災害の多発、防災意識の高まりのほか、仮想通貨流出やスポーツ界のパワハラなどが人災として挙がったためだ。昨年は、北朝鮮のミサイル発射などから「北」が選ばれた。過去10年の世相を示す「漢字」をまとめた。

(構成 共同通信=柴田友明)

【写真特集】

日本漢字能力検定協会が募集した2016年の世相を1字で表す「今年の漢字」に「金」が決まった。京都市東山区の清水寺では、用意された越前和紙に森清範貫主が特大の筆を使って力強く揮毫した=2016年12月12日午後

【写真特集】

2015年の世相を1字で表す漢字が決まり、「安」の字を揮毫する京都・清水寺の森清範貫主=2015年12月15日午後

【写真特集】

京都・清水寺の森清範貫主によって揮毫された、今年の漢字に決まった「税」=2014年12月12日午後

【写真特集】

京都・清水寺で今年の世相を表す漢字「輪」を揮毫した森清範貫主=2013年12月12日午後

【写真特集】

京都・清水寺で今年の世相を表す漢字「金」と揮毫した森清範貫主=2012年12月12日午後

【写真特集】

京都・清水寺で今年の世相を表す漢字「絆」を揮毫する森清範貫主=2011年12月12日午後

【写真特集】

京都・清水寺で今年の世相を表す漢字「暑」を揮毫(きごう)する森清範貫主=2010年12月10日午後

【写真特集】

今年の世相を表す漢字「新」を発表する日本漢字能力検定協会の鬼追明夫理事長(左)と清水寺の森清範貫主=2009年12月11日午後、京都・清水寺