年金、0.1%程度増額へ

19年度、4年ぶり

©一般社団法人共同通信社

最近の年金額改定

 2019年度給付の公的年金額が0.1%程度引き上げられる見通しであることが12日、分かった。年金額は物価や賃金の変動に合わせて毎年度改定される。引き上げは物価と賃金が上昇したためで、12月下旬の19年度予算編成に合わせ、政府が試算した。試算通り引き上げられれば15年度以来、4年ぶりの増額となる。

 0.1%の引き上げが実現すれば、自営業者らが対象の国民年金(40年間保険料を納めた満額の場合)の給付月額は、18年度に比べ約70円増の約6万5千円。会社員らが対象の厚生年金では、夫と専業主婦の妻のモデル世帯で約230円増の月約22万1500円となる。