EXILE・ネスミス 1月に福岡市でライブ 熱いステージに

©株式会社熊本日日新聞社

「グループとしても、個人としても成長し続けたい」と話すネスミス=熊日本社

 人気グループEXILEが1月26、27日、福岡市の福岡ヤフオク!ドームで公演する。約3年ぶりとなる全国ツアーの一環。熊本市出身のメンバーNESMITH(ネスミス)がこのほど帰熊し、自身の活動などについて語った。

 ネスミスは、二代目J Soul Brothersでの活動を経て、2009年、EXILEにボーカル・パフォーマーとして加入。グループから派生したEXILE THE SECONDのメンバーとしても活動するほか、劇団EXILEの舞台に立つなど、活躍の場は幅広い。

 東日本大震災などの被災地支援に力を注いできたEXILE。熊本地震後は、ネスミスらが熊本の小中学生を対象にダンス教室を開き、今年11月の福岡公演では熊本、岩手の小中高生と共演した。ネスミスは「子どもたちの笑顔のきっかけになりたい。11月のライブは子どもたちがとてもパワフルで、逆に元気をもらった」と笑う。

 EXILEは、15年にグループ結成時のメンバー3人が卒業。今年7月、15人体制となって初めてのアルバム「STAR OF WISH」を発表した。「卒業した先輩たちの思いを受け継ぎ、EXILEを新たにつくり上げるつもりで取り組んだ」とネスミス。

 アルバムには新曲をはじめ、CMソングやリオデジャネイロ五輪のテーマ曲など14曲を収録した。「前回のアルバムから約3年間、各メンバーが兼任するグループやソロでの活動で得たものを生かした」と言う。

 1月の福岡公演は、アルバム収録曲を中心に、今までのヒット曲も披露する。「メンバーの個性が集結した熱いステージになると思う。EXILEの19年最初のライブ。見に来た人にとって良い刺激となるパフォーマンスをしたい」

 26日は18時、27日は16時開演。いずれも1万1000円。問い合わせはキョードー西日本TEL092(714)0159。(深川杏樹)

(2018年12月13日付 熊本日日新聞朝刊掲載)