北欧サンタが豪雨被災地訪問

岡山の保育園

©一般社団法人共同通信社

桃太郎保育園にやってきたサンタクロース=13日午前、岡山市

 西日本豪雨で浸水被害を受けた岡山市東区の桃太郎保育園に13日、フィンランド北部のロバニエミ市にあるサンタ村から、市公認のサンタクロースがやってきた。

 午前10時、赤い衣装のサンタが登場すると園児たちは大興奮。クリスマスソングを歌って歓迎した。

 子どもたちからは質問が相次ぎ、通訳を介して年齢を「400歳」とサンタが答えると「えー」というどよめきとともに大きな笑い声が起きた。サンタは鉛筆などの贈り物を手渡した後、子どもたちと記念撮影して交流を深めた。

 質問をした土方咲良ちゃん(5)は「びっくりしたけど来てくれてうれしかった」と笑顔だった。