問題児が決めたスーパーゴール! 一人で全部やっちゃいました!

©株式会社愛幸

バルセロナの問題児ことウスマン・デンベレがトッテナム相手にスーパーゴールを決めてくれました!

UEFAチャンピオンズリーグ第6節に行われたFCバルセロナvsトッテナムの一戦で、遅刻が多い等の理由でバルセロナの放出候補と度々報道が出てくるフランス代表FWウスマン・デンベレがトッテナム相手にスーパーゴールを決め存在感をアピール。試合外で話題となるケースが多いデンベレですが、このゴールで自らの力を示し再びバルセロナのスタメン候補に名乗りを挙げました!

デンベレが決めたスーパーゴール

試合開始早々の前半6分、相手DFのトラップミスを見逃さなかったデンベレはそのままもうプレスをかけボールを奪取。ボールを奪ったデンベレは左サイドにフリーの味方選手がいるにも関わらずドリブルを選択。トップスピードで勢いに乗るデンベレはスペースへボールを蹴り出し一瞬でDFを翻弄。挙げ句の果てにはキックフェイントで猛烈にスライディングにきたDFまでも交わし冷静に左足でゴール。一人でボールを奪いそのままゴールと一人で見事完結させてしまいました。持っている実力にもともと疑いの余地がなかったデンベレ。このような度胆を抜く活躍ができるだけにピッチ外での行動は正直勿体無いですね。宝の持ち腐れとならないようにこのまま集中してサッカーに取り組んでほしいところです。

神の山公式Twitter