ファンフェスで“大爆笑”を呼んだハム新垣、古巣・東芝の投手コーチに就任

©株式会社Creative2

日本ハムを戦力外となった新垣勇人が東芝野球部のコーチに就任【写真:荒川祐史】

2012年にドラフト5位で指名されるまで、5年間東芝でプレー

 日本ハムから戦力外となった新垣勇人投手が、来季から社会人の東芝で投手コーチを務めることが13日、発表された。東芝の野球部はこの日、公式ホームページで2019年のスタッフ新体制を発表。東芝OBの新垣が投手コーチに名を連ねた。

 国士舘高から横浜商科大を経て東芝に入社した新垣。5年間東芝でプレーし、27歳だった2012年のドラフト5位で日本ハムに入団した。2016年の4試合がキャリア最多、1軍通算11試合の登板にとどまったものの、そのユニークなキャラクターが人気を博した。SNSで爆笑動画を公開したり、今オフのファンフェスタでは最後の最後に“乱入”してチームメート、ファンの爆笑を誘った。

 そのファンフェスタの際には、進路について「決まっていないですけど、今いろいろと話をしておりますので、分かり次第報告させていただきたいと思います」と語っていた。(Full-Count編集部)