【MLB】主力大放出のマリナーズは最高「A」評価…米メディアが30球団の補強進捗を診断

©株式会社Creative2

多くの大型トレードを成立させているマリナーズのディポトGM(右)【写真:Getty Images】

「ブリーチャーレポート」が30球団の補強を診断、ヤンキースも最高「A」

 米ラスベガスで行われていたウインターミーティングが閉幕した。各球団のGMや選手の代理人らが一堂に会するビッグイベントでは様々な交渉が行われ、移籍やトレードなどが続々と成立した。

 大物選手の移籍話などでストーブリーグが盛り上がる中、米スポーツサイト「ブリーチャー・レポート」ではここまでのメジャー30球団の補強を診断する特集を掲載。12月も半ばとなった段階で、各球団の補強がどれほど的確に行われているか、その進捗具合を分析している。

 田中将大投手が在籍するヤンキースと、来季イチロー外野手が復帰する見込みのマリナーズは、最も高い「A」評価となっている。

「ブリーチャーレポート」では、ヤンキースは「CC・サバシア(1年800万ドル)と再契約し、シアトル・マリナーズからジェームス・パクストンをトレードで獲得し、すでに先発ローテーションを改善するために動いた。素晴らしいスタートだが、まだ必要である。この2人と、ルイス・セベリーノ、マサヒロ・タナカで構成されるローテーションを埋めるのにもう1人確かな投手を探している」とし、積極的に補強に動いている姿勢を高く評価した。

 一方で、マリナーズは今オフ、主力を大量に放出する“ファイヤーセール”を実施中。正捕手のマイク・ズニーノをレイズに、エース左腕のジェームス・パクストンをヤンキースへとトレードで放出。ベテラン二塁手のロビンソン・カノ内野手と守護神のエドウィン・ディアスも、トレードでメッツに放出した。

 補強どころか、弱体化に繋がりかねない動きを見せるマリナーズが、なぜ最高の「A評価」なのか。記事では「ジェームス・パクストン、ロビンソン・カノ、エドウィン・ディアスのトレードにより、すでにファームの様子が変わった。MLB.comによると、ユストゥス・シェフィールド(1)、ジャレッド・ケレニック(2)、ジャスティン・ダン(3)、エリック・スワンソン(11)、ドム・トンプソン=ウィリアムズ(16)がマリナーズのトップ20プロスペクトに入っている」とし、トレードによって獲得した有望株が、マリナーズの未来に繋がるとして、高く評価した。

エンゼルスは「トップレベルの先発投手を必要としている」

 一方で大谷翔平投手が在籍するエンゼルスは、現時点でほぼ何もしていないか、動きはあったが戦力にそれほど変化がないことを意味する「C」すらも下回る「D」の低評価に。投手陣の薄さを指摘され「マイク・トラウトの契約最後の2年以内に競えるチームになることに真剣であるなら、間違いなくトップレベルの先発投手を必要としているチームのように思える。しかし、パトリック・コービン、ネイサン・イオバルディ、ジェームス・パクストンの行き先が決まったため、ドミノの一部はすでに崩れてしまっている。ブルペンにも確かな投手が数人必要となるかもしれない。ルイス・ガルシアを獲得したが、まだ多くのことがされなければならない。動く時である」と厳しく評価されている。

 前田健太の所属するドジャースはまずまずの「B」。記事では「ドジャースはオフの初めにすぐに動きクレイトン・カーショーを引き留めた。また、柳賢振がクオリファイング・オファーを受け入れて留まった」先発投手2人の引き留め成功を評価している。

 さらには「ESPN.comのバスター・オルニー記者によると、ドジャースはマット・ケンプ、ヤシエル・プイグ、ジョク・ピーダーソン、コーディ・ベリンジャーのうち2人の外野手をトレードして“年俸総額の調整”をしようとしており、大きなトレードがあるかもしれない。投手のリッチ・ヒルとアレックス・ウッドをトレードすることにも前向きのようである。インディアンスは外野手を必要としており、ドジャースはコーリー・クルーバーとトレバー・バウアーに興味を示していることから、明らかなトレード相手のように思える。ドジャースはまだ大きな動きを見せていないが、現在の栄光に満足しないだろう。2年連続でワールドシリーズで敗れた後では、正しい心構えである」としている。

 ダルビッシュ有投手の属するカブスは「コール・ハメルズの2000万ドルのオプションを行使した以外、今オフにまだ大きな動きを見せていない。アディソン・ラッセルに契約をオファーしたことは明らかに疑問視された。しかし、セオ・エプスタイン編成本部長がオフの初めにした発言を考えると、カブスが冬の間ずっと何もしないことはあり得ない」と言及され、評価は「C」だった。

 ヤンキースとマリナーズのほかに最高の「A」評価だったのは、インディアンス、タイガース、ブレーブス、ナショナルズ、カージナルス。「A」は30球団中7球団となっていた。(Full-Count編集部)