加藤綾子「結婚相手いない」けど“婚約相手”ならいる『ご飯論法』疑惑

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

加藤綾子 

(C)まいじつ

一部週刊誌が“カトパン”こと加藤綾子と志村けんとの「交際疑惑」を報じているが、2人に対しては思いの外、歓迎ムードが漂っているという。

「志村は加藤に50億円の結婚プレゼントを提示したとされますが、これが意外なほど評価されている。『カトパンなら50億円は妥当』『勝負に出た男気が買える』と、志村の熱烈なアピールに好感が持たれています。“お似合い”という声もありますよ」(女子アナライター)

加藤というと必ず出てくるのが明石家さんま。9月に正式に交際を断ったとされるが、さんまもしぶとい。

「志村とのデート目撃情報が出るようになって、『絶対諦めへん』と怒り心頭のようです。でもネットの書き込みなどを見ると、圧倒的に『志村ガンバレ!』ですね」(同・ライター)

 

束縛するさんま、豪快な志村…あなたはどっち?

加藤はフジテレビの『ホンマでっか!? TV』でさんまと10年近く共演したが、ついにさんまになびくことはなかった。

「そりゃそうでしょう。バッグを買ってもらえば“おねだり加藤”とラジオでバラされる。フジの後輩、椿原慶子アナとニューヨーク旅行をしたら、現地に偶然さんまがいて呼び出され『何で教えへんのや』と説教。テレビで『抱きたい』などとハレンチな告白をするし、揚げ句には女優デビューに『今度はドラマか。避けてんのやろ』とネチネチ。カレ氏でもないのに、こんな束縛されたら嫌になるでしょう」(同)

しかも、さんまはホームパーティー好きで、いつも加藤は呼び出されるという。

「これ買うて来い、あれもやと、まるで家政婦のように使う。一度、さんまはテレビで『加藤、またメシ作りに来いや』と言ったのですが、彼女は顔も目も怒っていました」(女性誌記者)

一方、志村は毎日豪快に飲み歩く生活。

「志村はお金のない制作会社のスタッフを集めて、昼間から飲むことが多い。夜は夜で、別のスタッフと飲んで酩酊。どう見ても飲み過ぎ。カトパンにしっかり管理してもらえれば、体調も良くなるかもしれません」(同・記者)

加藤は先ごろ、東京・代々木公園のイルミネーション点灯式に出席。「結婚相手はいません」と発言したが“婚約相手”ならいるのかも。いわゆる今年の流行語大賞にもノミネートされた『ご飯論法』というやつだ。