同じアパートの住人ナイフで刺す 銚子署、容疑で男を逮捕

©株式会社千葉日報社

 同じアパートの住人をナイフで刺して殺害しようとしたとして、銚子署は13日までに、殺人未遂の疑いで自称銚子市本城町3、無職、石井大貴容疑者(24)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は12日午後10時20分ごろ、アパート1階の自室前で、真上の2階の部屋に住む20代男性の胸などをナイフで刺して殺害しようとした疑い。

 同署によると、「刺したことは間違いない」と供述。何らかのトラブルがあったとみて、刑事責任能力の有無を含め詳しい経緯を調べている。男性は救急搬送される際は意識があったという。

 石井容疑者は母親と2人暮らし。男性は別の男性とルームシェアをしており、刺された男性の同居人が「友人が刺された」と119番通報した。