【卓球・Tリーグ】琉球アスティーダがホーム戦にパラNT選手を招待 競技の枠を超えて

©株式会社ピンポン

*写真:琉球アスティーダの陳建安(左)と早川周作球団社長(右)/撮影:ラリーズ編集部

琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社が、12月24日、25日に宜野湾で開催されるTリーグのホームゲームに、卓球日本代表選手を含む知的障碍者アスリートを招待することを発表した。2017FIDジャパン・チャンピオンリーグ卓球大会優勝、現在世界ランキング12位の高橋利也らが参加予定だ。

また、翌12月26日には、琉球アスティーダの選手達がコーチとなり、知的障碍者アスリートとの公開練習を行う予定だという。あらゆる角度からスポーツを通じた社会貢献を行っている琉球アスティーダ。今度の動きに注目が集まる。

琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社・代表早川周作氏のコメント

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、出場を目指す全ての選手が、環境、境遇に左右されることなく、存分に練習に集中し、実力をさらに高められる環境作りに取り組み、プロスポーツチームとしてできることに真摯に取り組んでまいります。

文:ラリーズ編集部