FAで西獲得で先発厚みも、ベテラン依存… 支配下登録から見る阪神の補強ポイントは

©株式会社Creative2

阪神・矢野燿大監督【写真:荒川祐史】

FAで西を獲得し投手陣に厚みが増したが、課題は打力

 プロ野球もオフシーズンに入り、各球団は来季に向けて戦力を整えている。1軍の試合に出場できる支配下登録選手の枠は上限70人。シーズン中の補強、育成選手の支配下への昇格も想定して、65~68人ほどで開幕を迎える球団が多い。

 70人の枠の中で、どのように戦力編成を行っていくかは、当然ながら球団の方針によって違う。ここでは各球団の現在の支配下登録枠の状況を見て、その球団の補強ポイントを探ってみたい。今回は阪神編。

 現時点での阪神の支配下登録の状況は以下のようになっている。

支配下登録:66人(59人+新人6人+新外国人1人)
・投手36人(新人3人、右投手26人、左投手10人)
・捕手6人(新人0人、右打者、6人、左打者0人)
・内野手14人(新人2人、右打者6人、左打者6人、両打2人)
・外野手10人(新人1人、右打者3人、左打者7人、両打1人)

○投手

 オリックスからFA権を行使した西勇輝を獲得し先発陣は厚みを増した。新助っ人ではジャイアンツで37試合に登板したピアース・ジョンソンが加入しリリーフも強化。メッセンジャー、復活に期待の藤浪晋太郎、秋山拓巳、岩貞祐太、小野泰己、才木浩人ら若手からベテランまで駒は揃っている。

 リリーフでもベテランの藤川球児、能見篤史がまだまだ健在。ドリス、新助っ人・ジョンソン、桑原謙太郎、岩崎優、望月惇志ら個性豊かな選手が多く投手陣の補強は現時点では完了したといってもいい。

外野手は福留、糸井のベテランがレギュラーと偏りをみせる

○捕手

 初のゴールデングラブ賞を獲得した梅野隆太郎が正捕手候補1番手。坂本誠志郎、代打として大活躍した原口文仁が構える布陣。ベテランの岡崎太一も控えているが20代前半は長坂拳弥だけ。球界全体で捕手難となっているが、若手捕手の獲得が今後必要となっていくる。

○内野手

 4番候補の大山悠輔、正遊撃手として期待の北條史也、プロ2年目で二塁のレギュラーを掴んだ糸原健斗と楽しみな人材が揃う。レギュラー陣が離脱した際のバックアップメンバーに寂しさも。ベテランの鳥谷敬、FA権を行使せず残留した上本博紀は計算できる。植田海、熊谷敬宥らの成長にも期待。

○外野手

 福留孝介、糸井嘉男のベテラン2人がレギュラーと大きな偏りをみせるポジション。俊介、伊藤隼太らが中堅クラスとなり期待の若手だった江越大賀、中谷将大、高山俊がレギュラーを掴めていないのが現状。ドラフト1位で近本光司を獲得したが、20代前半の外野手は島田海吏のみとなっている。

 17年ぶりの最下位に終わった阪神。防御率はリーグ2位(4.03)だったがチーム打率.253、577得点はリーグ5位、85本塁打はワーストと課題は明確だ。期待外れに終わったロサリオ、主力のケガ、若手の伸び悩みなど…。一発長打に期待したい助っ人の獲得も必要だが、近年で活躍した外国人野手はいない。北條、大山、糸原、高山らの一本立ちに期待したい。(Full-Count編集部)