大泉洋が“映画泥棒恐怖症”女子大生を救う!?「モニタリング」でファンを応援

©株式会社東京ニュース通信社

TBS系で2019年1月2日放送の「ニンゲン観察バラエティ モニタリング 新春3時間スペシャル」(午後6:00)で、人気企画の「芸能人ドリームモニタリング」に大泉洋が初登場することが分かった。MCのブラックマヨネーズ・小杉竜一は「感動、笑い、そしてすごいサプライズもあります」、吉田敬も「いろんな角度から楽しめる企画ばかりで、全感情が満たされます」と見どころをアピールしている。

同番組は、MCのブラックマヨネーズがレギュラーの小泉孝太郎、笹野高史、DAIGO、NAOTO、速水もこみち、ハリセンボン(近藤春菜、箕輪はるか)、木下優樹菜らと共に、日常生活の中にありそうでありえないシチュエーションに遭遇した人々の行動を隠しカメラで観察するバラエティー。「芸能人ドリームモニタリング」は視聴者の夢を芸能人が応援する人気企画で、今回は大泉が多数の応募の中から選ばれた21歳の女子大生と、大泉ファンの60歳の母親を持つ娘の2人の願いをかなえる。

1人目の女子大生の夢は「映画館で映画を見られるようになりたい」というもの。小さい頃に行った映画館で見た、上映前のCM「NO MORE 映画泥棒」が怖くて、それ以来、映画館に行くことができなくなったそうで、大泉があの手この手で女子大生をアシストするのが見どころに。果たして、彼女は“映画泥棒恐怖症”を克服し、自身がファンである大泉の出演映画を鑑賞することができるのか。

また2人目は、父が他界してから、あまり外出をしなくなってしまった大泉ファンの母を心配する娘からの「出不精になってしまった母を観光に連れ出してほしい」というお願い。突然、憧れの大泉が目の前に現れ、横浜・中華街デートに誘われたお母さんはどんなリアクションをするのか。そして2人のデートのラストには、感動の展開が待ち受ける。