両角友が女子の中部電力コーチに

カーリング男子の平昌五輪代表

©一般社団法人共同通信社

ポーズをとる中部電力の(左から)中嶋星奈、北沢育恵、松村千秋、石郷岡葉純、両角友佑コーチ=14日、長野県軽井沢町

 カーリング男子の平昌冬季五輪代表で、日本勢男子として5大会ぶりの五輪出場を果たしたSC軽井沢クのスキップを務めた両角友佑(33)が14日、昨年の日本選手権で女子を制した中部電力のコーチに就任したことを明かし「シーズン途中から練習を見ている。4年後の北京五輪が目標」と抱負を述べた。選手としての活動も続ける。

 両角友はSC軽井沢クの大黒柱として2017年大会まで日本選手権5連覇の原動力に。チームは初出場した平昌五輪で8位に終わり、今季はサードの清水徹郎が脱退して選手構成が大きく変わった。