強い冬型の気圧配置 寒気の吹き出しに伴う雲がビッシリ

北陸や東北の山沿い 降雪の強まりに注意

©株式会社サニースポット

きょう(14日)の日本列島は、強い冬型の気圧配置となり、日本海だけでなく、黄海から東シナ海、そして、日本列島の南海上にまで、寒気の吹き出しに伴う雲がビッシリと広がっています。

日本列島の上空1,500m付近には、平地で雪の目安となる氷点下6℃のラインが、九州北部から関東地方にまで南下。さらに、東北北部や北海道には、氷点下12℃以下の寒気が流れ込み、北陸から北の日本海側では雪の所が多く、季節風が強まっている沿岸部では、吹雪いている所があります。

また、北信越から東北、北海道の山沿いでは、きのう(13日)からきょうにかけて、新たに30センチ程度の雪が降り積もっています。

今夜からあす(15日)前半にかけて、日本付近は強い冬型の気圧配置が持続して、強い寒気が居座る見込みです。北陸から北の日本海側の地域では、雪の降りやすい状態が続き、山沿いを中心に降雪が強まり、大雪となる所もあるでしょう。

今夜からあすにかけて予想される降雪量は、いずれも多い所で、北陸や東北地方で40センチ。長野県北部や群馬県北部の山沿いで30センチとなっています。

なお、あす後半になると、西から冬型の気圧配置がゆるんでくるため、あすの夕方以降は、日本海側の雪も次第に弱まってくるでしょう。