元交際相手になりすまし婚活サイトに登録 税務署女性職員を処分

©株式会社京都新聞社

 大阪国税局は14日、元交際相手の男性になりすまし、インターネットの婚活サイトに男性の個人情報を登録したなどとして、上京税務署の50代の女性職員を同日付で停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。職員は同日付で辞職した。

 同局によると、職員は昨年9月、元交際相手の男性の名前や住所を婚活サイトに登録。また、国税のシステムに登録された男性の申告履歴などの情報を私的に閲覧し、相手の勤務先のサイトに男性を中傷する内容も送信していたという。

 職員は上京税務署特別国税調査官だった今年4月、兵庫県警に私電磁的記録不正作出の疑いで逮捕され、同7月に同署総務課付に異動した。