岐阜の豚コレラ、管理基準不徹底

訓練場の餌置き場が屋外に

©一般社団法人共同通信社

 岐阜県は14日、飼育していたイノシシから豚コレラが確認された同県関市の猟犬訓練場を点検した結果、一部の餌置き場が屋外にさらされた状態で、国が定めた飼養衛生管理基準が徹底されていなかったと発表した。

 感染ルートは確認されていないが、小動物を介しウイルスが侵入した可能性もあるとして、県内のイノシシ飼育場に防鳥ネットを配布するなどし感染防止の徹底を図る。

 県によると、訓練場は金網や電気柵が設置され、野生イノシシと接触しないよう対策が取られていた。一方、近所の人からもらった野菜を置くトレーは柵の外にあり野生動物の排せつ物などが混入しやすい状態だった。