沿線撮影 ここがオススメ/青い森鉄道 ウェブサイトを公開

©株式会社東奥日報社

小山内さんが特に気に入っているという三戸-目時駅間の三戸望郷大橋から撮影した写真

 青い森鉄道は14日、沿線のすてきな景色や車窓風景を紹介するウェブサイト「青い森鉄道で行く!沿線おすすめ撮影スポット」の公開を始めた。社員の視点から見た沿線の四季折々の表情や意外と知られていない絶景を、最寄りの駅や季節ごとに検索でき、写真や住所、地図、説明文を掲載している。

 同社が乗客らに沿線の魅力的な景色を知ってもらおうと今年5月から約半年かけて作成した。真夏の青森駅構内から青森ベイブリッジと花火をバックに列車を撮影した写真や、鷲尾山と青森湾が望める野内-浅虫温泉駅間で撮影した写真、晩秋の時期にノスタルジックな雰囲気となる千曳-乙供駅間の写真、緑と馬淵川、列車がジオラマのような世界を演出する三戸-目時駅間の三戸望郷大橋からの写真など、多彩なスポットを紹介している。

 現在は全27駅のうち23駅の沿線の風景計50枚を掲載。随時、全駅を目指して更新していく予定。同社ホームページのバナーをクリックすると閲覧できる。

 ウェブサイト制作を担当した同社経営戦略課の小山内志織さん(22)は「鉄道を移動手段として利用するケースが多いが、通過点ではなく、目的地として撮影スポットに立ち寄るきっかけになれば」と期待していた。