北海道地震被災地で慰霊式

厚真町、復興への決意新たに

©一般社団法人共同通信社

9月に発生した地震の慰霊式で、黙とうする参列者=15日午前、北海道厚真町

 9月に発生した北海道の地震から100日たった15日、土砂崩れにより36人が亡くなった厚真町で町主催の慰霊式が開かれ、遺族らは黙とうをささげて献花し「後生に誇れるふるさとに」と復興への決意を新たにした。

 式には遺族107人ら計577人が参列。遺族を代表して朝日地区で犠牲になった畑島武司さん(86)、富子さん(81)の次男武夫さん(57)は地震当日、駆けつけた実家が「信じ難い無残な光景」だったと振り返り「まだまだ傷だらけで復旧にはほど遠い厚真町ですが、いつまでも立ち止まっていることを故人も望んでいないと思う」と復興を約束した。