COP24、パリ協定ルール採択

排出削減に共通の基準

©一般社団法人共同通信社

パリ協定の実施ルールについて大枠で合意した国連気候変動枠組み条約第24回締約国会議(COP24)=15日、カトウィツェ(ロイター=共同)

 【カトウィツェ共同】ポーランド・カトウィツェで開かれた国連気候変動枠組み条約第24回締約国会議(COP24)は15日(日本時間16日)、2020年に始まるパリ協定の実施ルールを採択した。先進国と発展途上国が、共通の厳しいルールの下で温室効果ガスの排出削減を進めることになり、運用開始へ準備が整った。

 国際的な温暖化対策は仕組み作りに力を注ぐ段階を終え、深刻な被害を避けるために各国が脱炭素の取り組みをどう強化するのか具体的な行動が問われることになる。

 排出削減目標に関する情報の提出などは、先進国と発展途上国に差をつけず、共通の厳しい基準を適用すると規定した。