<あのころ>「ポケモン」ショック

テレビの点滅シーンで発作

©一般社団法人共同通信社

1997(平成9)年12月16日、テレビの人気アニメ「ポケットモンスター」を見ていた子供が、けいれんやひきつけを起こし、全国で700人近くが病院に運ばれた。強い光の点滅に反応した「光感受性発作」とされ、キー局のテレビ東京では職員が対応に追われた。左はキャラクターの「ピカチュウ」。