親子で楽しめるプロの演奏や楽器体験  広島市で23日

©株式会社中国新聞社

 プロの生演奏を親子連れで楽しめる、さえきクラシックコンサート「親子で楽しむ音楽会」が23日、広島市佐伯区民文化センターである。地元の演奏家によるピアノと金管楽器のアンサンブルやソロ演奏のほか、ホルンなどを奏でられる体験コーナーもある。

 エリザベト音楽大非常勤講師のピアニスト戸梶美穂らが、ショパンの「こいぬのワルツ」やクリスマスメドレーを演奏。トランペット、ホルン、トロンボーン、チューバの四つの金管楽器も登場し、映画「となりのトトロ」の曲「さんぽ」などを披露する。

 楽器の仕組みを学ぶほか、演奏会で登場した金管楽器に触れたり吹いたりできる時間も設ける。

 佐伯区民文化センターと中国新聞社の主催で、午後2時開演。一般1200円(前売り1000円)、高校生以下800円(前売り700円)。膝上鑑賞の未就学児は無料。佐伯区民文化センター=電話082(921)7550。