阪急ブレーブス、元選手らが交流

ファンと、譲渡30年に合わせ

©一般社団法人共同通信社

阪急ブレーブスの球団譲渡30年に合わせ開かれたイベントで、握手を交わす高井保弘さん(手前左)と元応援団長の今坂喜好さん=16日午後、兵庫県西宮市

 プロ野球チーム「阪急ブレーブス」の球団譲渡から今年で30年となったのに合わせ、同球団でプレーし「世界の代打男」として知られた高井保弘さん(73)や当時のファンが交流するイベントが16日、兵庫県西宮市で開かれた。通算代打本塁打27本のプロ野球記録を持つ高井さんは「阪急がなくなり寂しい思いをしていた」と述べ、思い出話に花を咲かせた。

 阪急ブレーブスは1988年にオリエント・リース(現オリックス)が買収。現在のオリックス・バファローズに引き継がれている。イベントはファン有志が主催し、復刻ユニホームを着込んだ約20人が出席してビールを飲みながら鍋を囲んだ。