競泳、男子メドレーRで銅メダル

世界短水路選手権

©一般社団法人共同通信社

男子400メートルメドレーリレー決勝 短水路日本新記録で3位になり、アンカーの中村(下)を迎える小関。奥右は川本、同左は入江=杭州(共同)

 【杭州共同】25メートルプールで争う競泳の世界短水路選手権最終日は16日、中国の杭州で行われ、男子400メートルメドレーリレーで日本(入江、小関、川本、中村)が3分21秒07の短水路日本新記録で3位に入った。

 男子200メートル背泳ぎの入江陵介(イトマン東進)は1分50秒88の7位と振るわず、同100メートル自由形の中村克(イトマン東進)も46秒57で7位。女子100メートルバタフライの相馬あい(中京大)も56秒76で7位だった。

 女子200メートルリレーの日本(佐藤、今井、大本、青木智)は決勝で1分37秒35の短水路日本新で5位だった。