強制不妊手術で追加提訴、宮城

「心と体に傷、国謝罪を」

©一般社団法人共同通信社

旧優生保護法下の強制不妊手術を巡り、国に損害賠償を求め仙台地裁へ提訴に向かう原告側弁護団ら=17日午前

 旧優生保護法(1948~96年)下で知的障害を理由に不妊手術を強制された宮城県の70代と80代の男性が17日、国が救済や立法措置を怠ったのは違法として計6600万円の損害賠償を求める訴訟を仙台地裁に起こした。子どもを産み育てるかどうかを自ら決める権利を奪われたと主張している。

 2人は仙台市で記者会見し「心と体を傷つけたことに国は責任を感じてほしい。謝ってほしい」などと求めた。

 これまで札幌や仙台、東京、大阪、神戸、熊本の各地裁で男女計13人が提訴。今回の2人は仙台訴訟の4、5人目で、全国の原告数は15人となった。