土砂の積み込み、名護の民間桟橋で始まる 辺野古では作業続く

©株式会社沖縄タイムス社

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡って、同市安和の琉球セメントの桟橋では17日午前8時前から、運搬船への土砂積み込みが始まった。新基地建設に反対する市民らは「金は一時、破壊は永遠」「民意に背を向けるな」など声を上げた。

 午前中にダンプ約200台が土砂を搬入。土砂はベルトコンベヤーで運搬船に積み込まれ、運搬船は午前11時前に離岸した。次の運搬船が着岸し、午後からの作業が見込まれている。

 また同市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸のK9護岸では午前10時半ごろ、台船からトラックへ土砂を移し替える作業が始まった。トラックはN3護岸へ次々と土砂を運び入れ、埋め立て工事を進めた。沖合では運搬船から台船へ土砂を積み込む作業を確認した。

 市民らはカヌー8艇、抗議船2隻を出し、「土砂投入を止めろ」、「辺野古の海を返せ」など埋め立て工事に抗議した。

キャンプ・シュワブ沿岸のK9護岸では、着岸した台船からトラックへ土砂を移し替える作業が進む=名護市辺野古、午前10時半ごろ
土砂を搬入するトラックに抗議する市民ら=17日午前8時前、名護市安和