アイドル人生にピリオド! さっしーの「卒業」

指原莉乃さんの10年

©一般社団法人共同通信社

アイドルグループAKB48の「選抜総選挙」(2014年)で1位になった渡辺麻友さん(右)と2位の指原莉乃さん=7日夜、東京都調布市の味の素スタジアム=2014年6月
指原莉乃さん(左)、「HKT48」のコンサートでグループ卒業を発表する指原莉乃さん=2018年12月15日、東京都文京区(ⓒAKS)

【エンタメ写真特集】

 「HKT48」の指原莉乃さん(26)が12月15日、東京都内で開かれたコンサートでAKBグループ卒業を明らかにした。AKB48の5期生として10年前にデビュー。楽曲だけでなくバラエティー番組の司会なども務め、人気を博してきた。

 アイドルとしてグループの中で特異な道のりをたどった。当初は番組でバンジージャンプに挑む企画で1人だけ跳べず、「ヘタレキャラ」として注目された。その後、自らのブログにつづる内容やステージでの軽妙なリアクションが面白いと評判となり、2011年には当時の人気長寿番組「笑っていいとも!」にレギュラー出演。12年に異性との交際について週刊誌報道があった後に、福岡を拠点とするHKTに移籍、「お姉さん」役として新人の育成にも取り組んできた。

2015年、16年、17年の「選抜総選挙」の結果
指原莉乃さん

 広く知られるようになったのは13年。「恋するフォーチュンクッキー」でセンターポジションを務めたころだ。この年、学校や職場などでこの曲に合わせて踊る動画がユーチューブなどに投稿することが流行した。(翌14年のセンバツ高校野球の行進曲に採用されている)

 グループのファン投票「選抜総選挙」1位に、2013年と15年~17年に4回もトップに立った。前田敦子さん、大島優子さんら1、2期生の初期メンバーに続くセンターとして「国民的アイドル」と称されるアイドルグループを支えてきた。

大分市内の小学校を訪れ、児童の歓迎を受ける指原莉乃さん=2013年6月14日

(まとめ 共同通信=元大分支局長・柴田友明)

 ×  ×  ×

大分市観光大使を務める指原莉乃さん

 2012年、筆者が大分支局長として赴任した時、指原さんが大分市出身であることを知った。大分市の高崎山自然公園のサル山では「さっしー」人気にあやかって、人気ザル選抜総選挙の催しもあった。「大分市観光大使」として地元をPR。自身を飾らず、時にはネットで心情をつづり、ファンの心をつかむ能力にたけていた。逆境にもめげず、10代からの夢をかなえてきたことに地元大分でも評判がよかったのを覚えている。

2013年6月、AKB48の「選抜総選挙」で1位になった指原莉乃さん(右端)=横浜市

(共同通信記事より)来年4月28日に横浜スタジアム(横浜市)で卒業コンサートを開き、5月28日にはマリンメッセ福岡(福岡市)で感謝イベントを行う予定。今年12月15日のコンサートで「ずっと前から心に決めていました」とファンに卒業を発表。終了後ツイッターに「突然でびっくりさせてしまってごめんなさい。平成のギリギリまでアイドルを全力で楽しみます!」と投稿した。