五輪聖火台「夢の大橋」に設置

大会後もレガシーで活用へ

©一般社団法人共同通信社

東京五輪・パラリンピックの調整会議に臨む組織委員会の森喜朗会長(右)=17日午後、東京都港区(代表撮影)

 2020年東京五輪・パラリンピックの聖火台が競技期間中は臨海部のお台場エリアと有明エリアに架かる遊歩道の橋「夢の大橋」の有明側に設置される方針が17日、決まった。この一帯はスケートボードやバスケットボール3人制、スポーツクライミングなど「都市型スポーツ」の会場が集まる大会を象徴するエリアとなり、多くの人の目に触れることなどが理由。同日、関係組織の代表者による調整会議で了承された。

 調整会議では、大会後は式典用の聖火台は新国立競技場周辺に、競技期間用の聖火台は夢の大橋付近か関連する場所に「レガシー(遺産)として残されることが自然」とされた。