阿部詩「ダン・カーター格好良かった」 柔道界ホープがラグビー界の生ける伝説と生対面に感激

©株式会社神戸新聞社

神戸製鋼のフラッグを手にする阿部詩選手=17日午後、神戸市役所(撮影・中西大二)

 柔道界のホープが、ラグビーの世界的スターに感激だ。今年9月の柔道世界選手権女子52キロ級で初優勝した阿部詩選手(18)が17日、神戸市スポーツ特別賞の贈呈式に出席。この日はラグビー日本選手権を18大会ぶりに制した神戸製鋼の選手らも同賞受賞のために神戸市役所を訪れており、阿部選手は飛び入りで職員らの出迎えに加わった。

 阿部選手は「一つのボールにみんなが向かって飛び込む姿がいい」とラグビーの魅力を力説。自身が拍手で祝福された約1時間後、市役所ロビーに神戸製鋼のダン・カーター選手(36)らが姿を見せると、職員や市民らに交じって拍手を送っていた。

 前日、ニュージーランド代表として活躍したカーター選手のニュースをテレビで見たといい、「『生ける伝説』と紹介されていて『すごいな』と。生で見られて本当に格好良かった。幸せに1年を締めくくれます」と満面の笑み。「2019年は世界選手権2連覇だけを狙っていきます」と、同じ神戸に拠点を置くチームの快挙に大きな刺激を受けた様子だった。(山本哲志)