パトカーに追われ赤信号の交差点に 少年、無免許で事故

©株式会社神奈川新聞社

 神奈川県警相模原署は16日、自動車運転処罰法違反(無免許過失傷害)の疑いで、相模原市緑区の自称アルバイトの少年(16)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、同日午後11時15分ごろ、同市中央区清新4丁目の国道16号交差点で、乗用車を無免許で運転。同区に住むアルバイトの男性(28)の乗用車に衝突し、男性に軽傷を負わせた、としている。

 署によると、少年が左折車線から右折するのを県警自動車警ら隊のパトカーが目撃。同隊員が約2・7キロにわたって、赤色灯をつけてサイレンを鳴らしながら追跡したところ、少年は赤信号を無視して交差点に進入し男性の車に衝突した。