ついに出た「マグロ1本」 ふるさと納税 津久見市返礼品【大分県】

©有限会社大分合同新聞社

津久見市のふるさと納税返礼品として贈られる「豊後まぐろヨコヅーナ」=17日、津久見市

 津久見市のふるさと納税返礼品の一つ「豊後まぐろヨコヅーナ1本」が17日、水揚げされた。100万円以上を寄付した人が選べる返礼品で、該当者が出るのは初めて。

 市商工観光・定住推進課によると、納税したのは静岡県沼津市の男性で、寄付の使い道として「津久見高校への支援」を希望している。マグロ1本は2016年10月に返礼品に加えて以降、初めて申し込みがあった。

 津久見湾で育った体長1・46メートル、重さ53・7キロのクロマグロを氷とともに箱詰め。男性が「クリスマスに食べたい」と話していることから、今週中には届けるという。同課は「申し込みに驚いている。寄付金は希望に沿えるよう有効に使いたい」としている。