【チャンピオンズリーグ】決勝T1回戦組み合わせが決定!プレミア勢はビッグカードが続々と実現

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

ビッグカードが続々と実現

【チャンピオンズリーグ】グループステージ全日程終了!プレミア勢が2位通過続出で激戦必至の決勝Tに

現地時間17日にUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選会が行われた。4チーム中3チームが2位通過となったプレミアリーグ勢は、ビッグクラブとの対戦が次々と実現した。

マンチェスター・ユナイテッド vs パリ・サンジェルマン

グループHを2位で突破したマンチェスター・ユナイテッドは、フランス王者パリ・サンジェルマンと対決する。両チームは顔合わせた回数は多くないが、インターナショナル・チャンピオンズカップ2015ではブレーズ・マテュイディとズラタン・イブラヒモビッチのゴールでPSGが2-0と勝利している。また、アンヘル・ディ・マリアにとっては古巣対戦となり、プレミアでは目立った活躍が出来なかったが、初のオールド・トラフォード凱旋となる。

マンチェスター・シティ vs シャルケ04

プレミア勢で唯一1位通過を決めたマンチェスター・シティは比較的楽な組み合わせとなった。両チームの対戦は過去に3回あり、UEFAカップグループステージでシャルケが勝利(2-0)。その前は1970年のカップ・ウィナーズ・カップ準決勝まで遡り、1stレグを0-1で敗戦したシティが2ndレグを5-1で勝利し、そのままトロフィーを勝ち取った。シティとシャルケには互いに古巣となる選手が点在し、2016年にシティに加入したレロイ・ザネは初のシャルケ帰還に。今年の1月にシャルケに移籍したマティヤ・ナスタシッチも元シティの選手である。

トッテナム・ホットスパー vs ボルシア・ドルトムント

グループステージ後半戦で怒涛の追い上げを見せて勝ち抜けたトッテナム・ホットスパーはボルシア・ドルトムントと対戦。2016年ベスト16の対決から今回で3シーズン連続となり今回で5、6度目の顔合わせとなる。昨シーズンのCLでもグループステージで実現した同カードは、トッテナムがウェンブリーで3-1、ジグナル・イドゥナ・パルクで2-1とドルトムント相手にダブルを達成している。

リバプール vs バイエルン・ミュンヘン

今回最も注目されたリバプールの対戦相手は、ドイツ王者バイエルン・ミュンヘンに決まった。過去に7度の対戦経験がある2つのビッグクラブは、2001年ヨーロピアン・スーパーカップ決勝以来顔を合わせていない。その時はUEFAカップ王者だったリバプールがマイケル・オーウェンなどのゴールで、3-2で競り勝っている。ちなみに、バイエルン最初の得点を挙げたのは、現在スポーツディレクターを務めるハサン・サリマミジッチだった。また、過去7回の対戦ではリバプールがわずか1敗と圧倒している。

組み合わせ結果は以下の通り

※左が1stレグでホームのチーム

シャルケ04 vs マンチェスター・シティ
アトレティコ・マドリード vs ユベントス
マンチェスター・ユナイテッド vs パリ・サンジェルマン
トッテナム・ホットスパー vs ボルシア・ドルトムント
リヨン vs バルセロナ
ASローマ vs ポルト
アヤックス vs レアル・マドリード
リバプール vs バイエルン・ミュンヘン