外部に不正告発、懲戒処分の対象

奈良県河合町、内規を見直し

©一般社団法人共同通信社

 奈良県河合町が町以外の機関などへの職員による不正告発を違法通報として禁じ、違反した場合は懲戒処分の対象にする内規を定めていたことが18日、町への取材で分かった。内部告発者への不利益な扱いを禁じた公益通報者保護法の趣旨に反しており、町は17日に内規を見直し、処分対象になる違法通報の定義を改正した。

 町によると、内規は「町法令遵守推進要綱」。町の不適切会計発覚を契機に内部通報の仕組みとして今年9月、施行された。

 職員が不正行為などを知った場合、「町コンプライアンス向上委員会」か総務課長に原則実名で通報するように規定している。